東京外国語大学言語モジュール

TOPページ
対象者・目的
語彙モジュールは、初級の学習者を対象とし、基本的な語彙の整理と理解を目的にしています。

基本的な語彙の定義
日本語能力試験4級の基礎語彙をもとに各言語に特徴的な語彙が加えられています。おおよそ700語から900語を収録してあります。語彙の意味分類には国立国語研究所の『分類語彙表』を参考にしています。

他のモジュールへのリンク
語彙モジュールから関連する会話モジュール、文法モジュール、発音モジュールにリンクしています。

学習方法
「基礎語彙の学習」として「場面による学習」と「意味分類による学習」の2つのコースを用意しています。

参考文献
浅井千紗子 (2004) 「基礎語彙と英語」『言語情報学研究報告1 TUFS言語モジュール』、21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」、東京外国語大学大学院地域文化研究科、pp.183-191.
石井米雄・千野栄一編 (2004) 『世界のことば・出会いの表現辞典』三省堂.
国際交流基金、日本国際教育協会 (1994) 『日本語能力試験出題基準』(改訂版)、凡人社.
国立国語研究所(編) (2004) 『分類語彙表 増補改訂版』、大日本図書.
「分類語彙表増補改訂版」データベース http://www.kokken.go.jp/katsudo/kanko/data/
望月正道、相澤一美、投野由紀夫 (2003) 『英語語彙の指導マニュアル』、大修館書店.

菅野裕臣・早川嘉春・志部昭平・浜田耕策・松原孝俊・野間秀樹・塩田今日子・伊藤英人(編) (1991) 『コスモス朝和辞典』(第2版)、白水社.).
油谷幸利・門脇誠一・松尾勇・高島淑郎(編) (1993) 『朝鮮語辞典』、小学館.).
野間秀樹(編) (1998) 『朝鮮語分類基礎語彙集』、東京外国語大学語学教育研究協議会.).
野間秀樹 (1999) 『暮らしの単語集 韓国語』、ナツメ社. 韓国国立国語研究院 (2003) 『韓国語学習用語彙目録』、韓国国立国語研究院(WEBサイトhttp://www.korean.go.kr/にて公開されている).